ニードルフェルトでリアルな動物を作っています。 彼らの紡ぎ出すそれぞれの物語を、どうぞ聞いてください。
イロトリドリのブローチ展・作品紹介
2016年11月28日 (月) | 編集 |
谷六・ひなたの「ブローチ展」すぐそこに迫ってまいりました。
な、なのにまだ仕上がってなくて…(いつものことなんだけど…うう…)焦ります。
出来ているものから、紹介していきます。

2016ブローチ展モモンガ

こちらは、DMに載せてもらった、「木の洞から顔を出すエゾモモンガ」。
去年に続き2作目です。

2016ブローチ展かわうそ

これは新作
コツメカワウソです。シュシュには魚がいっぱい!

2016ブローチ展ー1

人気のほっぺぷっくりリスさんとパンダさんも。

2016ブローチ展ー2

子狐さんと豆柴さん。

そして!
今回、小規模に展開する新企画、「物語の中の動物シリーズ」!

2016ブローチ展ー3

「星の王子様」のキツネ。
私の中のキツネ像、NO.1なんです。
耳には星のピアスを付けて…
「大切なものは、目には見えない…」と、いつも胸元で呟いてくれます。

2016ブローチ展ー5

「雪渡り」の小狐紺三郎。
「かた雪かんこ、しみ雪しんこ♪ おいら、お嫁はいらないよ♪」
ピアスは雪の結晶。

2016ブローチ展ー4

「赤頭巾」のオオカミさん。
シュシュも、赤頭巾にお手をするオオカミ柄(!)を探し出してきた。
オオカミは、赤頭巾が大好きで、おばあさんの家へ行っちゃうのがいやで、ただいつまでも一緒に花を摘んでいたかったんだと思う…。

あと幾つか作りますので、出来次第アップします。
なんか、いつも定番の猫とか、1匹もいないですね。
冬ごもりの森の感じのラインナップです。
お気に入りに、ひなたで出会ってくださいね。 


年末の予定
2016年11月07日 (月) | 編集 |
先月の「オオカミ展」、好評裡に終了しました。
おかげさまで完売となりました。ありがとうございました。

もしまた来年も、キツネ展、オオカミ展に参加できましたら、初日からもっとたくさんの作品を出品できるよう、準備したいと思っています。
しかし審査があることですので、まずそこを通らないといけませんが (^^;

今年最後のイベントのお知らせです。
毎年参加させていただいております、谷六「ひなた」のブローチ展。
この便りが届くと、今年も終わりなんだなあ…と、しんみり、ちょっと切ないのです。

2016ブローチ展ht="337" />

私は、画像のエゾモモンガカメオの他に、シマリス、パンダなどなど、いつもの人気動物。
また、『物語の中の動物シリーズ』というのを思い立ちまして、どどんと(い、いや…そっと、かも…幾つ作れるやら)お届けしたいと思います。

「雪渡り」の、小狐紺三郎さんとか…
赤頭巾の狼さんとか…
星の王子様のキツネさんとか…

「私のイメージだと、こういう顔なんだよね。」というのを形にします。
同好の士がいると、いいなあ…

出来次第画像を御紹介します。
お楽しみに♪
猫のお店、追加納品のお知らせ
2016年10月01日 (土) | 編集 |
猫のお店も、最終週に入ろうとしておりますが…
遅まきながら、豆猫1点だけ、作ることができました。

猫のお店追加2016

ようやく、今、生まれたところ。
あさって3日、開店と同時に納品します。
出会うべき誰かと、どうかめぐり合えますように。
運命の歯車よ、動け!

P.S.
近日中に、一千一猫物語新作アップします。
それは切なくて優しいオオカミさんの物語…
の予定なんだけど、何せ、お話自体をこれから書くので…
あああこちらも泥縄。 
最後の狼
2016年09月23日 (金) | 編集 |
オオカミ展、これが最後の、本命の一匹。 
できました…

オオカミ展全身像2016

そして本日発送します。名残は尽きないけど…
どうかどうか、私以上に愛してくれる誰かのもとへ、届きますように。
いつも願いはひとつ。

なお今回は、早い時点で完売なんてことが、またあっても、追加納品はありません。
(この後のスケジュールの都合上です)
御容赦くださいませ。

では東林間で、お会いしましょう。 
オオカミ展も、もうすぐです。
2016年09月21日 (水) | 編集 |
猫のお店は、いよいよ明日からです。乞うご期待 

2016オオカミ展


一方、オオカミ展ももうすぐなんですが、まだ全部はできていないという… ど、泥縄…

出来たものから、ご紹介してまいります。

ホッキョクオオカミ(オオカミ展16)

ホッキョクオオカミ。
ホッキョクギツネがそうであるように、少し小柄で白い。人懐こい。
秋色レースをつけました。
ブローチタイプと、カメオタイプの2種。
(金属の枠の中に、顔のレリーフがあるということで、ブローチタイプとの区別とのために、こういう名称をつけています。
貝を削ったカメオとは、全く別物ですが)

カメオのサイズ(オオカミ展’16)

着けるとこれくらいのサイズです。

シンリンオオカミ(オオカミ展’16)

シンリンオオカミ。
いろんな顔の、いろんな性格の子たち。

コヨーテ(オオカミ展’16)

コヨーテ!
初めて作ってみました。
この子だってオオカミ族…そっと忍びこませてみました。
仲間に入れてくださいね。

タイリクオオカミ(オオカミ展’16)

タイリクオオカミ!
大人なのや、おチビや、毛色もそれぞれに。
みんなどこかが違う、この世で一匹。
あなたの、たった一匹と、出会ってくださいね。
東林間で。

(そして…まだ全身像との格闘は続くのだった。)