ニードルフェルトでリアルな動物を作っています。 彼らの紡ぎ出すそれぞれの物語を、どうぞ聞いてください。
林義雄、童画の世界
2012年05月05日 (土) | 編集 |
私にはかねてから行ってみたい美術館がありました。

足立美術館。

でも遠いのでした。
島根県の安来市…「美術館へ行くための旅」をわざわざしないと、行けない場所です。

…わざわざしてみました。GW前半に。
まず玉造温泉に泊まって、温泉もおいしいものも堪能し、翌日ゆっくりという大人旅。

ここは、大観などの収蔵品もさることながら、美しい庭園で有名で、日本国内よりむしろ海外で名高いらしいのですが、私の狙いは他にありました。

戦前、児童文学が花開いた頃、同時にその挿絵や絵本など、児童のための絵、童画が盛んだった時代があったそうです。
林義雄をはじめとする、童画の収蔵品が多いと聞き、またガイドブックなんか見ると、ハンカチや可愛い缶のクッキーなどグッズも多いよう。楽しみ…。

足立美術館葉書

絵葉書いろいろ買いました。
林義雄の描く動物はみな、鳥までも、目が笑っている。
ああー、なあんて屈託がないんだろう…。

足立美術館ハンカチ

ハンカチも。
クッキーは…思いとどまりました。なにせミント殿様のことをとやかく言えないおなかだし…。

他の収蔵品も、大観や栖鳳、魯山人を特集でたっぷり見て、見ごたえ充分なところへ、出口近くに平櫛田中が三点展示がありました。生で見るのは初めてな平櫛田中。これは思いがけず嬉しかった!

平櫛田中はリアルな描写で知られる。
「うわっ本物みたい!」「生きてるみたい!」
賞賛の声があちこちから聞こえてくる。

でも、リアルがそんなに凄いなら、本物ほどリアルなものはないわけで、作り物は本物には及ばないことになってしまう。
本物では表しきれない、わざわざ作り出さなければこの世にないものを、並々ならぬ苦労をして敢えて創り出しているのだ。
凄いのは技術ではなく、ここまで表現しなければはき出しきれない、ものすごい量の、他のものでは置き換えられない質の、とてつもない思いが内にあるということ。

小平市にあるという、平櫛田中彫刻美術館にも行ってみたくなってしまった。
でも…これまた遠く、わざわざそのための旅になりそう。
いつの日か…。憧れるばかり。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
田中と聞いたものですから、
岡山の井原市にある田中美術館は ご覧になりましたか?
私のお気に入りは、眠り猫 です。
それが本当に気持ちよく眠っているんです。
見ていると
「タマ、ここで寝てるの~タマは ホント可愛いねぇ よしよし (ナデナデナデ)かわいいかわいい(ナデナデナデ)・・・」
と 可愛がられている様子が 伝わってくるんです。

ひょっとして、展示のタイミングもあると思いますので、もしご覧になっていなかったら、次回のお楽しみに されて下さい。


2012/05/06(Sun) 17:24 | URL  | キャベツ畑 #-[ 編集]
キャベツ畑さんへ
いいことを教えていただきました。
井原市のほうの美術館の存在は不勉強で知りませんでした。(^^; しかも猫!
また、行ってみたいところが増えてしまいましたね~。
ありがとうございました。
2012/05/06(Sun) 17:58 | URL  | 薄荷座 #/N6my8h.[ 編集]
足立美術館!!
羨ましい~行かれたんですね~(^◇^)

絵葉書かわいいですね。
色使いがやはり違います。

眠り猫も有名ですよね~。
芸術家は猫好き多いのでしょうか?

ミント殿様もお腹をだして
満足そうに寝ていていいですね~。
いい夢見てそうです。
2012/05/09(Wed) 20:58 | URL  | くまぷぅ太 #-[ 編集]
くまぷぅ太さんへ
足立美術館はいいところでした~
ゆったーりした日程でのーんびりしました。
(交通の便は悪いです。)

芸術家に猫好きが多いって、感じることは多いですね。
(…猫好きなら芸術家になれるってもんでもないが。)

ミント殿様も、のーんびり。
猫って、起きてるときも可愛いですが、寝てる姿が、また、たまらないですよね。
また会いに来てやって下さいね。
2012/05/09(Wed) 23:05 | URL  | 薄荷座 #/N6my8h.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック