ニードルフェルトでリアルな動物を作っています。 彼らの紡ぎ出すそれぞれの物語を、どうぞ聞いてください。
今年もお世話になりました
2013年12月30日 (月) | 編集 |
クリスマスの賑わいが過ぎると…街はあっという間にお正月モードへと早変わりを見せ…。
もう今年が終わろうとしています。
毎年ながらこの期間の、音をたてて過ぎ去る、時の速さはどうでしょう?
ほんとに時間の速さは相対的なものだと実感します。

歳を取ると時間の過ぎるのが早いと、皆口をそろえて言います。
それについて、めちゃくちゃ私見なのですが、思ったことがあります。

昔むかし、神様が生き物の寿命を決める時に、人間は欲張って、馬や他の生き物を口車に乗せて、寿命を少しずつ分けてもらって、どんな動物より長寿になったそうです。
それで、「馬齢を重ねる」と、言う言葉が生まれた。「私はもう、人間本来の寿命は使い果たしてしまい、今は馬さんから奪った寿命で生きているのですよ。」ということです。

木曽馬アップ

悪銭身につかず…みたいに、自分のものじゃない寿命を使っているから、いくら貪欲に、もっと生きたい、もっともっと…と、欲張っても、指の間からこぼれる砂のように、実感なく過ぎていってしまうのでは…。違うかな…。

木曽馬ー2

ともあれ確実なのは、私自身も、思い切り馬齢に突入してしまっているということ。
せめて、寿命を奪い取った馬さんに恥ずかしくない働き振りを見せなければ。

木曽馬(大)

来年の予定、2月に、恒例となりました梅田阪神「京阪神雑貨マルシェ」、JR大阪三越伊勢丹でのJAMPOTさん出店、が決まっております。                           ↑(見てね~)

ということは、また年越し修羅場…

この一年、多くの方々に作品をお買い上げ戴き、ありがとうございました。
皆さまのもとで、私の動物達が、たくさんの方を笑顔にしてくれる…
それが私のたった一つの願いです。

皆さま、どうぞ良いお年をお迎え下さい。
そして来年も、薄荷座一座をどうぞよろしくお願い申し上げます!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック