ニードルフェルトでリアルな動物を作っています。 彼らの紡ぎ出すそれぞれの物語を、どうぞ聞いてください。
今の顔、今だけのもの
2016年06月27日 (月) | 編集 |
現在開催中のイベントはしばらく無いけれど、こういうときに備蓄というか作品の作りためをしておかないと、繁忙期に行き詰るので、秘密裏に忙しい。

ブローチ作り…270個めくらいまできた。
この間、200個記念をつくったと思ったら、もう300個目の企画を考える時が来たのかな。
200個目は、2個セットだったけど、300個だから3個セットは、やめておこう。
3…基本は、私の場合、やっぱり猫だから、初心に帰って、三毛猫とか?
考えてる間が、一番、好きな時間かも。

最近作った、このカラカル。
ここのところ、極力色付けを薄く、薄く、なるべく白に近くして、それでも充分な色味を感じさせるように、と意識して作っている。
全体をベッタリきつね色ベースにしないで、白、クリーム色、ベージュ系の何色ものグラデーションにして、最も濃い所だけにキツネ色を少し差した。
今までで最も、カラー羊毛を消費しないで仕上がった。(笑)

最新カラカル、薄色

昔作ったのと比較。

カラカル、3年前

人って、いつまでも同じではいられないんだなあ。
これは3年くらい前だけど、その時の私の精一杯がここにあるし、今年の顔は、今できる技術も気力も全開のものだけど、いつまでここにいるのか。
それは私にもわからない。

ただコツコツと、人に知られず、ちくちく…ちくちく…続くのでした。
スポンサーサイト