ニードルフェルトでリアルな動物を作っています。 彼らの紡ぎ出すそれぞれの物語を、どうぞ聞いてください。
100個目のブローチ
2013年08月29日 (木) | 編集 |
春あたりから、『そういえば、そろそろ…』と気がついて、一度きちんと数えなおしてみました。
今までに作った、シュシュ付きブローチの数です。

いつのまにか、もうすぐ100個になろうとしていました。

100個目は、何を作ろうか…。
思い切り力の入った、今までで一番作るのが難しく、豪華で、でも私らしいお気に入りの動物で、代表作と言えるもので…。(でもお値段は据え置きで

何にしようか、決めるまでが悩ましく、でも楽しく。

そして、ついに出来ました。

100個目です。

100個目のブローチー2

百獣の王!!…だからというのもあるけど、大好きな猫科、ずっと作り続けていきたい核になるモチーフです。

どんな人の元へ行くのか…。
今度の、「猫のお店」に出します。
持つ人を、励まし背中を押してくれる、優しいライオン。

100人の、ブローチをつけた人が、ある晴れた一日、一堂に会してティーパーティーをしている幻想が、私の脳裏に浮かびます。いや妄想ですけど…
皆さんが笑顔でいてくれますように。私のブローチが、周りの方を笑顔にしてくれますように。

そして、明日からは、101個目の制作です。

私の気持ちはもう、200個目へと、向かっているのです。
スポンサーサイト