ニードルフェルトでリアルな動物を作っています。 彼らの紡ぎ出すそれぞれの物語を、どうぞ聞いてください。
第35夜 * クリオネ
2012年03月29日 (木) | 編集 |
クリオネー1

…あ、その写真? 可愛いでしょ、ヘルパーさんも、犬、好きなの?

クリちゃんっていうのよ、胸にほら…
クリオネが、いるでしょ!?

娘が気がついて、それで名前も、クリちゃんって。
主人が定年退職後、娘が貰ってきてくれた犬なのよ。
私、最初は反対したんだけどね…犬は別に好きじゃなかったし。
でも主人が、もうね、可愛がって可愛がって。

クリオネー2

見て、写真、こんなにあるのよ!ほらこっちにも。

…まあ、ずいぶん撮ったものねえ!
主人は、アマチュアの写真家だったの。
定年後、教室に通いだしてね、若い人に混じって、撮影会に行ったりしてたんだけど、晩年は寝たきりになって…。

でもね、あの人は、それでも写真を撮ったの。
寝たまま、目の届く範囲を撮り続けた。
それがこれよ!クリちゃんのアップの顔ばかり!
いつもぴったり主人の側についててくれて。

クリオネー3

写真展をしないかって言ってくれる人があってね、銀座の画廊で。
「半径1メートルの日常」って題でね、テレビや新聞も取材に来て、その当時ちょっとだけ評判になったのよ。
その時の写真集がこれ。
「流氷の詩」って言うのよ、可笑しいわよね、どこをめくっても犬の顔しか写ってないのに。

…そして…主人が亡くなったときも…
その後の、クリちゃんと二人きりの暮らしのときも…
結局、いつも一番私を支えてくれたのは、クリちゃんだった。

ねえ、可笑しなことねぇ。
私、最初は犬が嫌いだったのに。
クリちゃんが死んでからも、こうしていっぱい写真を飾っちゃあね、
毎日、一番たくさんお話しているのは、クリちゃん。

ねえ、あなた…。ほんとに可笑しなものねぇ。

クリオネー4

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト