ニードルフェルトでリアルな動物を作っています。 彼らの紡ぎ出すそれぞれの物語を、どうぞ聞いてください。
Ca Marche と エス・カガワ
2012年01月26日 (木) | 編集 |
サマーシュのパンー1ーs

ハートの形の可愛いパンを見つけた。
去年から私のお気に入りに加わった、「パンと暮らしのサ・マーシュ」で。

私はとっても、パンが好き。
遅まきながら、買っているだけじゃなくて自分でも作ろうと、去年から習いに通い始めてもいる。
(こちらの方は、どうなりますことか…。パンの道は険しく遠く、思うようなパンが作れるのはいつになるか分からない、ということだけが現在までに分かった。)

サ・マーシュはまだ新しい店で、場所は北野の、カファレルのちょっと東。坂をあがっていくのが大変なので、「きょうは行くぞ」と気合を入れた日しか行けない。

サマーシュー1-s

サマーシュー3-s

看板が出ている通路を、このアーチをくぐってトコトコ歩いていくと、その奥に。

サマーシュー5-s

この店は、自分でトレイに取るんじゃなくて、トレイとトングを持ったスタッフが一人付いて、示したパンを取ってくれるスタイル。今では、どんなパンのバリエーションがあるか、飲み込めたからいいが、私はまことに小市民なので、最初はやや緊張した。さっさと決めなくては悪いのではとか、後になって、先に取ったのより食べたいのを見つけたが、一度取ったのをやめるとは言えないとか、いろんなことが頭の中を駆け巡る。

DSC_0463.jpg

「余はかようなことはいっこうに気にならぬぞ!」
あなた様は左様でございましょうとも…。でもネコさんは入れてもらえないと思うよ…。

もう一軒、中崎町のエス・カガワも、去年出来た店で、JAM POTに納品に行くたびに寄るのが、ささやかな楽しみ。

エスカガワー1-s

いかにも下町の商店街、という感じのアーケードをちょっと脇に外れると、空気感の違う可愛い小さなお家が、忽然と現れる。
ここも、パンを店員さんが取ってくれるが、パンの並んだカウンター越しになので、一般的なケーキ屋さんなどと同じで心理的負担はない。(^^)
この二軒が、最近のお気に入り。

DSC_0197.jpg

(パンを並べて写真を撮っていると、美味しい匂いに忍び寄る怪しの影が…。)
スポンサーサイト